旬の野菜がおいしくて栄養価が高い理由

 

日本には四季があり、季節に応じた食べものがあります。特に野菜では、旬のものを食べると、栄養価が高いことを認識しておくと役に立ちます。
たとえば冬の野菜であるほうれん草は、夏場のものよりも、栄養価が2倍以上になっています。その理由は、冬にじっくりと太陽の光を浴びて、光合成を行っているからです。栄養分を蓄え、旬である冬にはおいしく味わうことが出来ます。同じほうれん草でも、夏には、水分を多く吸収し、促成栽培のように育っています。したがって、じっくりと光合成を行った冬のほうれん草のような味にはなりません。
また季節にあった野菜は、虫に食われたり、病気になりにくいため、農薬をあまり使用しなくても済みます。農薬等が食物の味を落としていますので、こういったものをあまり使わなくてもよい、元気に育つ時期のものは、味がよく、美味しく味わうことが出来ます。人の健康のためにも、安心であるため、なるべく季節の食物を食べることが大切なことです。
四季を意識して生活することは魅力があります。食べものに関しても、旬のものがおいしく、身体によいことを常に意識しておくことが必要です。季節のものを使うと、マンネリ化した食生活にならずに、心豊かに過ごせる良さもあります。